広告 家計

福井の住宅ローン金利タイプは「短期固定一択」【経験談メモ】

2021年7月4日

こんにちは。

2011年頃に35年ローンを組んで一軒家を買いました。
そして住宅ローンの金利タイプ選びや変更などの諸々の手続きで多くの失敗をしてかなりの損を経験。

失敗の対価として失ったお金は安く見積もっても50万くらい。

ちゃんと計算してないので実はもっと損してるかも・・・?
合わせて時間も相当ムダにしました。

これから住宅ローンを組もうとしている方(過去のじぶん)が、わたしと同じ失敗をしなくて済むように失敗談と対策をお伝えしたいと思います。

 

すでに住宅ローンを組んでいる方も、長期固定で契約しているのなら一見の価値ありかと。

過去に戻れるなら、もしくは今から契約するなら絶対にこうする!

 

記事の内容(もくじ)

 

金利タイプは2~3年の短期固定金利が最適解

まず結論から。

福井県などの地方の金利タイプは「2〜3年の短期固定」一択です。

 

都市であれば変動金利がいいのかな?
いずれにしても金利が最も安いタイプを選ぶのが最適解でした。

 

福井県で住宅ローンを組む際の金利選択には、主に以下の選択肢があります。

・変動金利
・2年固定
・3年固定
・5年固定
・10年固定
・20〜35年固定

固定期間が長くなればなるほど、金利も高く設定されます。

 

▼以下具体例

上記の選択肢なら、「2年固定」がベスト。
次点は「変動金利」ですけど、わたしはオススメしません。
理由は、コロコロ支払い額が変わると家計の見通しが立てにくくなるから。

 

最近では7年、15年、20年といったように、さらに細かく選択できる銀行も増えてます。

そして、ほんっっっっっとーーーーーーーーに、銀行によって金利差は大きい。
細かい条件もありすぎて、どこを選べばいいか金利タイプはどれがいいかまったく分からなくなる。

ほんで面倒くさくなって銀行も金利タイプも「もうこれでいいわ」って適当に決めてしまうんですよね。
(過去のわたしがこのパターン)

 

これは最も損をするパターンなので、絶対にやっちゃダメです。

 

一時的な楽をするのに50万も払いますか?本当に価値ありますか?
もし答えがYESなら止めませんけど・・・・・・。

親からも学校からもお金の教育がめちゃ不足しているのでこういうことになるんでしょうねー。

 

金利タイプは「最安一択」です。

 

短期固定金利を選ぶ理由

なぜ短期固定がベストなのかについて理由を解説します。

理由は大きく2つ。

①総支払額が抑えられる
②固定期間終了後に金利がドーンと上がる可能性は低い

 

①総支払額が抑えられる

当たり前ですけど、変動金利を除くと短期固定は金利が最も低い。
つまり、金利に支払うお金が安く済みます。

銀行は長期固定の方がリスクが高いとしているので、必然的に長期固定は金利が高い。
短期固定だと、契約を見直すチャンスが頻繫にあるので、リスクが低いとみて金利はその分低く設定されます。

リスクと金利は比例関係。

短期と長期の金利差は、大きいところだと1%近くにもなり、この1%の差は総支払額に相当影響があります。
(2,000万円&35年ローンで、0.5%と1.5%の金利差は約400万円くらいになります)

 

②金利が急上昇する可能性は低い

固定期間終了後に金利がドーンと上がらないか心配。

こう考えてしまうかもですが、仮に10年以内に契約した長期固定金利が短期金利よりも低くなる可能性は相当低いです。

 

以下、過去の金利推移グラフです。

 

このグラフから

・10年固定金利
・3年固定金利

を比較し、10年固定の最低金利が3年固定より下回ったことはほぼありません。

 

何が言いたいかというと、短期固定金利を2、3年で乗り継いでいく方法が長期固定よりお得だということです。

 

また、金利が1%以上も急上昇するような場面も見られません。

過去は過去ですが、よっぽど何か起こらないと今後も金利が急上昇することはなさそうです。

 

銀行は3つ以上回って相見積もりを

相見積もりをとるのは住宅ローンを組むときにだけでなく大きな買い物をする時には必須の行動。

相場が分かってなければ足元を見られるのは当然です。

ひとつのお店だけで決めるのは論外。最低でも2つ、できれば3~5つ相見積もりを取れるとベスト。

 

わたしは給与天引きが楽という理由だけで、各銀行の金利の相見積もりを取らずに会社と提携しているローン契約をしてしまいました。
しかも10年の長期固定で・・・・・・。

これが最初の失敗でした。

失敗① 相見積もりを取らずに長期固定を選択

 

そして借り入れ途中に世間の金利が下がってきたので、手数料に5万も支払って1.8%だった金利を1.5%に下げてもらいました。

失敗② 高い手数料を払って固定金利を見直す

 

その後、他行に借り換えをしたほうが有利なことに気づき、またまた多額の手数料を支払って借り換えをし今に至ります。

失敗③ 借り換えをして余計な手数料を支払う

 

最初から相見積もりを取って行動しておけば、50万以上浮かせられました。

 

じぶんにとって大きい買い物をするときは、相見積もりを必ず取って相場を知ることが何より重要。

 

特約期間終了後には積極的に交渉すべし

短期固定唯一のデメリットが特約期間終了後の金利再設定手続き。

2、3年の1回の手続きとはいえ時間は取られるし、銀行さんは隙あらば金利を上げてこようとしてきます。

交渉次第では0.05〜0.2%くらいは変わってくるので積極的に交渉しましょう。

 

私は過去6年間で以下のように交渉し、それぞれ金利を引き下げてもらいました。

 

・2016年 提示0.8%⇒交渉して0.6%

・2018年 提示0.9%⇒交渉して0.7%

・2020年 提示0.9%⇒交渉して0.7%

 

多分めんどうなお客と思われているでしょうが、この行動で10万円分くらいの節約ができています。

 

まとめ

 

まとめ

・金利タイプは短期固定一択
・できれば3行以上で相見積もりをする
・特約期間終了後は金利引き下げ交渉を

 

お金は大事。
今後もコストをかけるところ、下げられるところを見極めて行動していきたいですね。

 

-家計